プロポフォール投与の男児死亡 東京女子医大の医師6人を書類送検へ 術後の容体管理怠った疑い

2020年10月21日 06時00分

警視庁の看板


 東京女子医大病院(東京都新宿区)で2014年、埼玉県の男児=当時(2つ)=が鎮静剤「プロポフォール」の投与後に死亡した事故で、警視庁捜査1課は業務上過失致死容疑で、集中治療室(ICU)に当時勤務していた男性医師6人を21日にも書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。
 男児は同年2月18日に首のリンパ管腫の手術を受けた。ICUでプロポフォールを投与され経過観察中だった同21日、急性循環不全で死亡した。
 捜査関係者によると、書類送検されるのは、病院のICU運営副部長の男性(60)ら38~60歳の医師6人。手術後の同18~21日、男児の尿の量や心電図に異変があったにもかかわらず、プロポフォールの投与を中止したり、別の鎮静剤に切り替えたりせずに死亡させた疑いが持たれている。
 1課は外部の麻酔医ら数10人への聞き取りなどから、事故を回避できた可能性があったと結論付けた。

◆ICUで人工呼吸中の子どもへの投与は「禁忌」

 事故を受け、日本集中治療医学会がまとめた研究報告書では、プロポフォールは全身麻酔や術後の鎮静に使われ、ICUで人工呼吸中の子どもへの投与は「禁忌」とされていたが、薬の作用時間が短く調節しやすいとの理由から、現場では医師の裁量で使用されることがあったという。
 事故を巡っては、外部の医師でつくる第三者調査委員会が15年2月、「プロポフォールの長時間投与が死因に関連していた可能性が高い」との報告書をまとめた。厚生労働省は同6月、病院に安全管理の不備があったとして、高度医療を提供する特定機能病院の承認を取り消した。男児の両親は16年12月以降順次、医師と看護師計7人に損害賠償を求め、東京地裁に提訴した。

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧