<令和笑タイム!!>「U字工事」福田薫 登ってアップアップ

2020年10月21日 07時48分

山は最高です! が、足は限界です。相方の益子(右)は平気な顔をしています…

 先日、登山ロケに行ってきました! 山は素人の僕が事前打ち合わせで不安がっていると、ディレクターさんから「初心者コースですから楽しんじゃってください♪」と言われたので、ワクワクして当日を迎えました。
 が…登ったらつらい! 自分から休憩させてくださいというのも格好悪いと思ったので、カメラさんにたばこ休憩大丈夫ですか?と気を使うふりをして休んだり、何でもない植物に興味を持つふりをしてガイドさんの足を止めて質問したりと、セコい作戦を駆使しましたが、最後は頼むから休ませてくれ!と懇願して休憩をもらい、やっとの思いで登頂に成功!
 夕方には山頂から2時間ほど下った山小屋に到着です。登りだけで6時間、山小屋に着いた時には足は限界でしたが、相方の益子は高校時代に山岳部だったこともあり涼しい顔です。ストーブにあたりながら自分の体力のなさを痛感していると、おもむろに近づいてきた同じく登山素人のスタッフさんが「実は僕も限界だったので、福田さんが休もうって言ってくれて助かりました(笑)」と言ってきて、仲間がいたことに大喜びです! 一気に仲良くなりました!
 次の日の朝も「あとは下山するだけだね!」と2人励まし合っていたのですが、ディレクターから「日が出ているのでわれわれだけもう一度登って景色を撮ってきますので、お二人とガイドさんだけ先に下山してください」というまさかの一言が発せられると、同志のスタッフさんの晴れやかだった笑顔が山の天気のように急に変わり、雨が降りだしそうな涙目になりました。山の恐ろしさを学んだロケでした!
 ※次回は、アキラ100%さんです。

関連キーワード

PR情報