赤ちゃん続々 レッサーパンダ2匹とミナミコアリクイ 那須どうぶつ王国で公開

2020年10月22日 07時29分

レッサーパンダの雄の赤ちゃん(いずれも那須どうぶつ王国提供)

 那須どうぶつ王国(那須町)は、いずれも同園で生まれたレッサーパンダの赤ちゃん二匹とミナミコアリクイの赤ちゃん一匹の公開を始めた。
 レッサーパンダの赤ちゃん二匹は、いずれも雄で七月十八日に生まれた。体長約三五センチで、体重は一三〇〇グラムと一五五〇グラム。園内の「アジアの森」で母親「栄栄(ロンロン)」と一緒の愛らしい姿を観察できる。
 「熱帯の森」で公開しているミナミコアリクイの赤ちゃんは、八月二十五日に父親「ガイ」と母親「アナ」の間に生まれた。性別は不明。巣箱に隠れてしまうことも多いが、アナが赤ちゃんを背中に乗せて世話する様子も見ることができる。 (小川直人)

母親の背中につかまるミナミコアリクイの赤ちゃん


関連キーワード

PR情報

栃木の最新ニュース

記事一覧