米軍横田基地の離着陸、半年で8000回超 米中対立で2000年以降最多

2020年10月23日 05時50分
 米軍横田基地(東京都福生市など)の軍用機の4~9月の離着陸回数が、半年間としては初めて8000回を超え、2000年度以降で最多になった。近年は離着陸回数の増加傾向が続いており、専門家は米国が中国との対決姿勢を強めたことを背景に挙げた。

◆福生市内2カ所で騒音を測定、回収も調査

 福生市は市内2カ所で離着陸に伴う騒音を測定し、回数も調査している。00年度から公表されているデータを元福生市議、奥富喜一さん(71)が集計した。このうち横田基地南側の測定地点で、本年度上半期は8298回に達した。

米軍横田基地に17日に着陸した三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機=羽村平和委員会提供

 これまで半年間で最多だったのは、00年度下半期の7930回だった。その後は7000回未満で増減を繰り返し、垂直離着陸輸送機オスプレイ5機が配備された18年度以降に増え、19年度下半期は7158回になっていた。
 軍用機のうち、オスプレイを含むヘリコプターの離着陸回数も増えている。基地北側の瑞穂町の騒音測定地点では05年度以降、年1000回を超えたことはなかったが、オスプレイ配備後の18年度は1385回、19年度は1047回だった。本年度は上半期だけで1164回に及んだ。
 横田基地の報道担当者は、今回の集計に対する回答は控えながら「コロナ対策のため他訓練施設へのアクセスが制限されているため、ローカル飛行運用が増加している」と説明した。

◆米中対立で他基地から戦闘機が飛来

 昭島市の軍事情報アナリスト小柴康男さん(74)は「米国が対中姿勢を強めたことで、在日米軍基地の機能分散が図られ、横田基地も輸送機を中心とした運用だけでなく、他の基地から戦闘機などが飛来するようになった」と語った。
 「横田基地の撤去を求める西多摩の会」の高橋美枝子代表(78)は「横田だけでなく、各基地で訓練が激しくなっている。実態を多くの人に知ってもらいたい」と話した。(竹谷直子)

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧