いじめ61万件 過去最多を更新 「重大事態」も2割増の723件  

2020年10月23日 05時50分
 全国の国公私立の小中高校と特別支援学校が2019年度に認知したいじめは、前年度より6万8563件増えて61万2496件となり、過去最多を更新したことが、文部科学省の調査で分かった。心身に深刻な被害が生じるなどの「重大事態」も2割増の723件で最多。いじめを1件でも確認した学校は82・6%に上った。
 文科省は「教員が積極的にいじめを発見し、早期に介入する方針が定着した」と肯定的に評価。一方で重大事態は「潜在的な被害が表れた」とみて、相談体制の強化などの対策を進める。

文部科学省

 認知件数は、小学校が5万8701件増の48万4545件で、中学校は10万6524件(8820件増)、高校1万8352件(643件増)、特別支援学校3075件(399件増)。増加分のほとんどを小学校が占め、1~3年はいずれも1万件以上多くなった。
 具体的な内容(複数回答)は「冷やかしや悪口」が最多の61・9%。インターネットや会員制交流サイト(SNS)での誹謗中傷は2・9%だったが、高校では18・7%で2番目に多かった。
 児童生徒1000人当たりのいじめ認知件数は46・5件。都道府県別では、最多の宮崎県(122・4件)と最少の佐賀県(13・8件)で9倍近くの差があった。格差は縮小傾向にあるものの、少ない地域では見逃しの可能性があるとみて、積極的な把握を求める。

 いじめ防止対策推進法が規定する「重大事態」は、生命や心身に大きな被害を受けたのが301件で、年間30日以上の不登校となったのは517件。両方に該当する事例もあった。岐阜市立中3年の男子生徒が土下座の強要や金銭の要求などのいじめを受け自殺した事案などが含まれる。
 19年度に学校から報告があった児童生徒の自殺は317人で、うち10人にいじめの問題があった。
 小中高校が把握した児童生徒の暴力行為は過去最多の7万8787件で、小学校での増加傾向が続く。不登校の小中学生は18万1272人で、うち55・6%が年間90日以上欠席している。

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧