実力派の噺家と次世代が競演 来月、プライム落語SP

2020年10月23日 07時24分
 実力派や若手、人気の噺家(はなしか)が集う公演「プライム落語SP」が十一月十八〜二十日、東京都豊島区のサンシャイン劇場で開催される。
 人気ホール落語会として定着している「プライム落語」。十回目の今回は、個性豊かな実力派と次世代エースの競演をテーマに、各日昼の部(午後二時開演)と夜の部(同六時半開演)の計六公演を毎回、趣向を凝らして開催する。
 十八日の昼の部は「江戸落語本寸法の会」と題し、出演は柳家権太楼(やなぎやごんたろう)=写真(上)、古今亭菊之丞、柳亭小痴楽(りゅうていこちらく)。夜の部は「古典落語の魅力にはまる会」。三遊亭兼好(さんゆうていけんこう)、春風亭一之輔(しゅんぷうていいちのすけ)=同(下)、春風亭昇也(しょうや)。十九日の昼の部は「江戸と上方聴き比べの会」で桂雀々(かつらじゃくじゃく)、桃月庵白酒(とうげつあんはくしゅ)、三遊亭わん丈(じょう)。夜の部は「パワー全開!新作三昧(ざんまい)の会」。三遊亭白鳥(はくちょう)、林家彦いち、桂三四郎。二十日の昼の部は「次の真打(しんうち)が人気噺家に挑む会」で白酒、柳家三三(さんざ)、桂宮治。夜の部は「暴れん坊と若旦那の会」で雀々、柳家花緑(かろく)、宮治。
 キョードー東京=(電)0570・550・799。

関連キーワード

PR情報

伝統芸能の最新ニュース

記事一覧