ホラー体験、密避けて ドライブインお化け屋敷 水戸であすまで

2020年10月24日 07時53分

ドライブインお化け屋敷の一場面。車に乗る参加者の目の前で、ゾンビが女性に襲い掛かろうとしている=水戸市で(一部画像処理)

 新型コロナウイルスに配慮しながら車に乗ってホラー体験できる「ドライブインお化け屋敷」が二十三日、水戸市のホテルテラスザガーデン水戸で始まった。二十五日まで。イベント制作会社「怖がらせ隊」(東京)がプロデュース。役者と接触せずに体験できるのが特徴で、北関東やホテルでの開催は初めてという。
 会場はホテルの立体駐車場。スピーカーからナレーションや効果音などが流れ、ゾンビにふんした役者が参加者の車に襲い掛かった。参加した常陸大宮市の高校一年自見香心(じけんこころ)さん(16)は「思ったよりリアルで怖かった」。友人の根本紋(あき)さん(15)は「窓ガラスに血が飛ぶシーンがリアルだった。楽しかった」と話した。
 ホテルホームページか電話での予約が必要。当日予約可。午前十一時〜午後十時。午後十時以降は要相談。車はホテルが用意する。料金は一組六千円(一組六人まで)。問い合わせ・予約はホテル=電029(300)2500=へ。(水谷エリナ)

関連キーワード

PR情報

茨城の最新ニュース

記事一覧