コロナ対策進める美術館で、芸術の秋を楽しもう 上野でKING&QUEEN展

2020年10月24日 21時39分

入場の際には、非接触体温計で体温を測る新型コロナウイルス対策が行われている=東京都台東区の上野の森美術館で(坂本亜由理撮影)

 新型コロナウイルスの感染症対策で、多くの美術館が「密」を避ける開催方法を模索している。芸術の秋をあきらめないために、どんな鑑賞の工夫が生まれているのか。東京・上野の森美術館で開催中の「KING&QUEEN展」で担当者に聞いた。
 美術館広報担当の大柳幸子さんによると、会場は原則マスク着用で、チケット売り場でマスクの販売もしている。病気などが理由で着けられない人にはシールを貼るよう案内。大柳さんは「スタッフも毎日健康チェックをしています」と話す。
 入り口でアルコール消毒を済ませ、1人ずつ検温してから会場へ。作品は距離を空けて展示しており、観客同士は離れて鑑賞できる。
 「密」対策では、展示されている英国王室の家系図の横にQRコードを添え、その場でスマートフォンにダウンロードすれば、後でじっくり見ることができるよう工夫している。
 混雑を回避するため、事前に入場時間を決めて購入する日時指定券を前日午後5時までフジテレビダイレクト、チケットぴあなど各プレイガイドで販売。時間枠ごとの入場者枠に余裕があれば、会場で当日券も購入可能。60~90分の時間枠の間に入場すればいいので「混雑が不安な方は、時間枠の後半に入場するのがお勧めです」と大柳さん。午後8時まで開館している金曜や、平日夕方以降は比較的すいているという。

 「KING&QUEEN展」は来年1月11日まで。会期中は無休。入館料は土日祝日は一般2000円、高校・大学生1800円、小・中学生1200円(平日は各200円引き)。上野の森美術館はJR上野駅公園口から徒歩3分。詳細はハローダイヤル=電03(5777)8600=へ。


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧