八王子市民会館 愛称・オリンパスホール、10年で幕

2020年10月26日 07時07分

オリンパスホールが入るサザンスカイタワー八王子=八王子市で

 JR八王子駅南口の再開発ビル「サザンスカイタワー八王子」内にある八王子市民会館の愛称「オリンパスホール八王子」が、来年三月末で契約期間を終了する。ネーミングライツ(命名権)を取得していたオリンパス=新宿区=が契約終了を申し入れたためで、市は新たな命名権者を募集する。
 オリンパスは一九六三年に八王子市に進出して以降、同市を技術開発の拠点としてきた。こうした縁で、市民会館が再開発ビル内に移転した二〇一一年四月から、十年契約でネーミングライツを取得した。命名権料は年額二千五百万円だった。
 契約の終了について、同社はHP上で「ブランドイメージの向上、文化・芸術振興の支援で一定の役割を果たすことができた」としている。
 ホールは客席が二千二十一席。音響に配慮した設計を採用しており、クラシックから演歌やロックまで、さまざまなミュージシャンがコンサートを開いてきた。市はすでに新たな命名権者の募集要項を配布しており、十一月二日〜三十日に応募を受け付ける。愛称の使用は来年四月一日から五年程度を予定している。
 市学園都市文化課の山岸研課長は「『オリンパスホール』の愛称は市民もなじんでいたし、全国的にも知られるようになっていたので残念。新たな愛称に期待したい」と話した。(布施谷航)

関連キーワード

PR情報

東京の最新ニュース

記事一覧