文化勲章に橋田寿賀子氏ら5人 漫才初の文化功労者に西川きよし氏

2020年10月27日 11時30分
 政府は27日、2020年度の文化勲章を脚本家の橋田寿賀子(95)、工芸(人形)の奥田小由女さゆめ(83)、日本文学の久保田淳(87)、物性物理学の近藤淳(90)、彫刻の澄川喜一(89)の5氏に贈ることを決めた。文化功労者には、スポーツの加藤沢男(74)、作曲の三枝成彰(78)、漫才の西川きよし(74)ら20氏を選んだ。漫才の分野からの選出は初。

文化勲章に選ばれた(左から)橋田寿賀子、奥田小由女、久保田淳、近藤淳、澄川喜一の5氏

 文化勲章の親授式は11月3日に皇居で、文化功労者の顕彰式は同4日に東京都内のホテルで開かれる。

◆文化功労者には20氏

 文化功労者は他に、科学哲学・科学史・比較文明学の伊東俊太郎(90)、応用数学の大石進一(67)、撮影の木村大作(81)、マクロ経済学の清滝信宏(65)、放送文化(テレビ)の今野勉(84)、音楽文化振興の酒井政利(84)、作曲・メディア芸術のすぎやまこういち(89)、文化振興の鈴木幸一(74)、美術一般の高橋秀(90)、食文化・パブリックアート・文化振興の滝久雄(80)、物性物理学の十倉好紀(66)、文楽(三味線)の鶴沢清治(75)、メカトロニクスの原島文雄(80)、能楽(ワキ方)の福王茂十郎(77)、発生遺伝学の堀田凱樹よしき(82)、工芸(染織)の森口邦彦(79)、社会学の山口一男(74)の各氏。

文化功労者に選ばれた(左から)加藤沢男氏、三枝成彰氏、西川きよし氏

◆文化勲章に選ばれた5氏の功績

 橋田氏は海外でも広く放送された「おしん」や長寿番組「渡る世間は鬼ばかり」などテレビドラマの名作を数多く生み出した。奥田氏は日本を代表する人形作家として、創造的な作品を多数制作。久保田氏は和歌文学や中世文学の研究で優れた業績を上げ、現在も旺盛に執筆活動を続けている。
 近藤氏は、極低温の世界で金属の電気抵抗に異変が起きる現象を理論的に解明した。澄川氏は全国各地のモニュメント制作や東京スカイツリーのデザイン監修など、都市の巨大構造物に関わる多彩な業績で知られる。
 各分野での初選出は、文化勲章は橋田氏、奥田氏、近藤氏の3人、文化功労者は西川氏を含め計9人となる。

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧