埼玉県で新たに44人感染 朝霞市の80代女性と20代教職員男性ら

2020年10月28日 19時24分

埼玉県庁

 埼玉県内で28日、新型コロナウイルスの新たな感染者が44人発表された。
 県は、23人の感染を発表。そのうち朝霞市の80代無職女性は、県内の高齢者施設の入所者。この施設では27日に20代男性職員の感染も判明している。また、同市の20代教職員男性は県内の学校に勤めており、同居家族1人も感染確認されている。
 さいたま市は、10~70代の男女12人の感染を公表。60代のパート女性は、家族の陽性が11日に判明し検査したが陰性で、その後せきなどの症状が出て入院し、現在は酸素吸入を行う中等症だという。また、市議会「さいたま自民党」所属の70代の男性議員の陽性も判明した。
 川口市は、市立中学校の女性教職員ら20~70代の4人の感染を発表。同校は30日まで臨時休校する。越谷市は、10~80代の男女5人の感染を公表した。

関連キーワード

PR情報

埼玉の最新ニュース

記事一覧