茨城県で新たに7人感染 4人は常総市の同じアパートに住む20~30代の男女

2020年10月29日 19時11分

茨城県庁

 茨城県は29日、新たに7人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも軽症か無症状。県内の感染者は計757人になった。
 常総市では、同じアパートに住む20~30代の男女4人の感染が判明。4人とも県が27日に感染を公表した同市の30代無職男性の濃厚接触者で、男性3人、女性2人がそれぞれ同室。部屋同士で行き来があった。県は、今のところ感染源が不明だとして「クラスター」(感染者集団)とはみていないが、具体的な接触状況を調べている。
 つくばみらい市の90代の無職女性は、県が28日に感染を公表した60代公務員男性の同居家族で、濃厚接触者として検査を受けていた。
 このほか、日立市の20代の男子大学生と、取手市の60代の自営業男性の感染も分かった。日立市の大学生は10月下旬に私用で県外に、取手市の男性は同月中旬に千葉県を訪れていたという。
 県は、1人が退院、2人が軽症者向け宿泊療養施設を退所したと発表。退院などは計697人になった。(出来田敬司)

関連キーワード

PR情報

茨城の最新ニュース

記事一覧