「人生100年時代 健康長寿への14の提言」 「コロナ時代をどう生きるか」 きょう発売

2020年10月30日 07時03分
 開学70周年を迎えた名古屋市立大学の医師らが最新の医療の話題についてわかりやすく紹介するシリーズ「名市大ブックス」を発売しました。
 第1巻「人生100年時代 健康長寿への14の提言」=写真(上)=は、心不全、高血圧、慢性腎臓病、脳卒中など、健康寿命を延ばすための鍵となる病気についての知見から、日々実践できる運動、終活まで、さまざまなトピックを紹介しています。
 第2巻「コロナ時代をどう生きるか」=同(下)=では、救急・災害医療現場の新型コロナウイルス感染症対策や、ストレスなどによる不安への対策のほか、せきぜんそく、肥満症など身近な病気に対しての予防や治療も取り上げています。
 いずれも定価1100円。A5判、160ページ。問い合わせは中日新聞社出版部=(電)052(221)1714=へ。
 東京新聞

関連キーワード


おすすめ情報

お知らせの新着

記事一覧