ソロ写真甲子園金賞は「送り火」 1370人が応募

2020年10月30日 19時22分 (共同通信)
 北海道東川町の「写真甲子園」の実行委員会は30日、個人参加型の大会「ソロ写真甲子園」の金賞に和歌山県立神島高校1年、吉田菜々美さんの作品「送り火」を選出したと発表した。例年の学校ごとの大会に加え、新型コロナウイルス感染拡大の中でも写真を楽しんでもらおうと今年限定で企画。全国から1370人が応募した。
 吉田さんの作品は新型コロナ禍でのお盆が題材。マスクを着けた男性が花を供えて先祖をしのぶ姿が今の時代を伝え、家族のつながりを美しく描いたことなども評価された。
 銀賞は千葉県立四街道高校3年、岡優成さんと神島高校1年、榎本萌々さん。

関連キーワード

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧