成人の日ポスター 川崎市が表彰 最優秀賞・高津の森口佳緒さん

2020年10月31日 07時24分

成人の日を祝うつどいのポスターデザインで表彰された、右から畠山さん、森口さん、五十嵐さん=市役所で

 川崎市は二十八日、来年一月に開催する「成人の日を祝うつどい」で公募したポスターデザインの受賞者表彰式を行った。最優秀賞にはスマートフォンを手にした晴れ着姿の新成人の男女を、上品な色づかいで描いた高津区の森口佳緒(かお)さん(24)の作品が選ばれた。
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、とどろきアリーナ(中原区)で行われる来年のつどいは式典を簡略化。二部制から三部制にし、密集状態を避けて行われる。森口さんは「ソーシャルディスタンスで男女の距離は離し、スマホを持たせた。コロナ対策を意識しつつ、冷たい印象にはならないよう華やかな色を使いました」と作品に込めたテーマを語った。
 市によると、森口さんの作品は市内の公共施設や駅などに掲示される千五百枚のポスターのほか、約一万四千人の新成人に送るパンフレットの表紙に使われる。中学生から社会人まで十八作品の応募があり、優秀賞には川崎総合科学高一年の畠山彩愛(あやな)さん(16)と、多摩区の会社員五十嵐明香(さやか)さん(44)の作品が選ばれた。 (安藤恭子)

関連キーワード

PR情報

神奈川の最新ニュース

記事一覧