最低所得保障、将来に備え議論を 竹中平蔵氏が見解

2020年10月31日 17時05分 (共同通信)
 インタビューに応じる慶応大名誉教授の竹中平蔵氏

 インタビューに応じる慶応大名誉教授の竹中平蔵氏

  •  インタビューに応じる慶応大名誉教授の竹中平蔵氏
 菅義偉政権が新たに設けた「成長戦略会議」のメンバーで、慶応大名誉教授の竹中平蔵氏(69)が31日までに共同通信のインタビューに応じた。最低限の生活を保障するため全国民にお金を配る「ベーシックインカム(BI)」(最低所得保障)について、「将来の導入に備えて議論を進めるべきだ」との考えを示した。
 竹中氏は9月下旬、BS番組に出演し、BIについて全国民を対象に1人当たり月7万円支給するよう提言。財源は生活保護や年金を縮小して充てるとした。菅政権のブレーンの一人として注目され始めた時期と重なり、波紋が広がっていた。

関連キーワード

PR情報

政治の最新ニュース

記事一覧