神奈川県で65人感染 平塚市の男性はクラスターが発生した誕生会に参加

2020年10月31日 19時20分

神奈川県庁

 神奈川県内で31日、新型コロナウイルスに感染した横浜市の90代女性の死亡と、65人の感染が明らかになった。このうち28人の感染経路が不明。
 横浜市によると、死亡した女性の感染経路は不明で、10月9日に感染が判明して県内の病院に入院し、27日に死亡した。また、10代から80代の男女29人の感染も発表した。
 相模原市は4人の感染を発表。4人はクラスター(感染者集団)が発生した「ふじの温泉病院」(緑区)の職員と入院患者。同病院の感染者は計75人となった。
 横須賀市は80代男女と10代女子学生、30代男性会社員の4人の感染、川崎市は10代から70代の男女15人の感染をそれぞれ発表した。
 県は13人の感染を発表した。平塚市の30代男性は、クラスターが発生した市内の友人宅で開かれた誕生会に参加していた。参加者の同僚らを含め、関連の感染者は計9人となった。また、10月29日に感染を発表した厚木市の40代女性の家族5人の感染も判明した。

PR情報

神奈川の最新ニュース

記事一覧