埼玉県で新たに30人感染 朝霞市の介護付き老人ホームの陽性者は計59人に

2020年10月30日 20時31分

埼玉県庁

 埼玉県内では31日、新型コロナウイルスの新たな感染者30人と死亡1人が発表された。
 県は、県内の70代男性の死亡を発表した。基礎疾患があり、容体が悪化して救急搬送された先の病院で死亡を確認。その後のPCR検査で陽性が判明した。
 また新たに18人の感染を発表。クラスター(感染者集団)が発生した朝霞市の介護付き老人ホーム「SOMPOケア ラヴィーレ朝霞」の陽性者は計59人だったとした。
 さいたま市は、伊奈町に住む50代の医療従事者の女性とその夫ら7人の感染を発表した。
 川口市は、いずれも同居家族に陽性者がいた10代の男子高校生と50代の女性の感染を発表。30日に発表した民間保育所の女性職員は、その後のPCR検査で陰性となり偽陽性だったことが分かったという。
 越谷市は70代男性と60代女性、川越市は20代女性の感染を発表した。
【関連記事】◆新型コロナウイルス 首都圏の感染者数と最新情報
【関連リンク】埼玉県公式サイト

関連キーワード

PR情報

埼玉の最新ニュース

記事一覧