茨城県で新たに4人感染 水戸市では33日ぶりに陽性判明

2020年11月4日 19時20分

茨城県庁

 茨城県と水戸市は4日、新たに市内の男児ら4人の新型コロナウイルス感染を発表した。水戸市での陽性判明は33日ぶり。県内の感染者は計779人になった。
 県発表分は、県内の飲食店に勤める守谷市の40代男性と、取手市の30代の男性会社員で、いずれも症状は軽い。
 守谷市の男性は、3日に陽性判明した取手市の40代男性と10月下旬に会っていた。新たに感染した取手市の30代男性は東京都内勤務で、10月下旬に私用や仕事で静岡、福島、滋賀各県や京都府にも出掛けていた。
 水戸市の発表分は2人で、市内在住の40代女性会社員と未就学男児。県外で陽性が確認された患者の家族で、いずれも症状は軽い。
 また県は、1人が軽症者向け宿泊療養施設を退所したと発表した。退院などは計706人になった。(宮尾幹成)

関連キーワード

PR情報