神奈川県で新たに109人感染 1カ月半ぶり100人越え

2020年11月5日 22時11分
神奈川県庁

神奈川県庁

  • 神奈川県庁
 神奈川県内で5日、新たに109人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。このうち51人が感染経路不明。県や、横浜、川崎など6市の保健当局が発表した。県内の1日の新規感染者が100人を超えるのは9月16日以来。
 横浜市はこれまでで2番目に多い72人の感染を発表した。さいわい鶴見病院(鶴見区)で入院患者14人と職員5人の感染が判明。既に陽性が確認された4人と合わせて計23人となり、クラスター(感染者集団)と認定した。昭和大藤が丘病院(青葉区)では同じ病棟の入院患者5人の感染が分かった。また、クラスターが発生した市内の障害者デイサービス施設で職員と利用者各1人の感染が分かり、感染者は計25人になった。
 相模原市は5人の感染を発表した。このうち60代女性はクラスターが発生したふじの温泉病院(緑区)の入院患者。同病院の感染者は計82人になった。
 川崎市は15人の感染を発表した。クラスターが発生した市立多摩病院(多摩区)で20代女性看護師と40代女性医療技術者の陽性を確認。東京都発表分の30代女性看護師を含めて、同病院の感染者は計27人となった。
 県は都内の美容クリニックに勤務する大和市の20代女性看護師1人を含む計11人、横須賀市は60代と70代の女性2人、藤沢市は70代と30代の男性2人、茅ケ崎市は40代男性と30代女性の感染を発表した。

PR情報

神奈川の新着

記事一覧