神奈川県で新たに104人感染 2日連続の3桁、各地の病院で感染者の拡大相次ぐ

2020年11月6日 18時55分

神奈川県庁

 神奈川県内で6日、新型コロナウイルスに感染した川崎市の80代男性の死亡と、新たに104人の感染が明らかになった。感染経路不明は57人。5日に続き、2日連続で感染者が100人を上回った。
 川崎市によると、死亡した男性はクラスター(感染者集団)が発生したハートフル川崎病院(高津区)に入院中の9月に感染が分かり、転院先の病院で死亡した。また、男女31人の感染を発表した。
 横浜市は54人の感染を発表した。クラスターが起きたさいわい鶴見病院(鶴見区)で、新たに入院患者2人の陽性が判明。感染者は計25人になった。昭和大藤が丘病院(青葉区)では5人が感染し、クラスターは計10人になった。
 相模原市はクラスターが出たふじの温泉病院(緑区)の入院患者の80代男性の感染を発表、同病院の感染者は83人となった。
 横須賀市は6人の感染を発表した。90代の無職女性が利用している市立本町老人デイサービスセンターでは、他に利用者2人の感染が確認されている。
 藤沢市は、同じ大学に通う10代の男子学生3人ら計5人の感染を発表した。学生3人は一緒に飲食した友人の感染が先に判明した。茅ケ崎市は70代と20代の女性、県は男女5人の感染を発表した。
 また、横浜市は1日に発表した90代女性について、その後の検査結果などから陰性だったと発表した。

PR情報

神奈川の新着

記事一覧