バイデン氏が勝利宣言「世界から再び尊敬を集める国に」<アメリカ大統領選>

2020年11月8日 10時44分

7日、米デラウェア州ウィルミントンで勝利宣言し、手を振る民主党のバイデン前副大統領とジル夫人(AP)

 米大統領選での当選が確実となった民主党候補のジョー・バイデン前副大統領(77)が現地時間7日午後8時(日本時間8日午前10時)すぎに、地元デラウェア州ウィルミントンで演説し、「今日、全米、全世界が希望にあふれている。私は団結させる大統領になります」と勝利宣言した。
 演説でバイデン氏は「私はアメリカの魂を取り戻すために大統領になりたいと考えました。世界中から再び尊敬を集める国にしたいと考えています」と強調。「トランプ氏に投票した人もがっかりしているかもしれないが、お互いにチャンスを与え合おう。お互いの意見に耳を傾けましょう」と呼び掛けた。
 バイデン氏は演説会場に車で登場。会場にはマスク着けた多くの支持者が集まった。感染対策のため、車の中で演説を聴き、クラクションで応援する支持者の姿もあった。
 バイデン氏が大統領に就任すれば、女性で初めて副大統領となるカマラ・ハリス上院議員(56)も登場。バイデン氏に先立ち「皆さんがジョー・バイデンを次期大統領として選んでくれた。ジョーは結束を進める人です」とあいさつした。

PR情報

国際の新着

記事一覧