神奈川県で新たに36人 昭和大藤が丘病院で新たに患者1人、計18人に

2020年11月9日 18時43分

神奈川県庁

 神奈川県内で9日、新たに36人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。このうち21人が感染経路不明。県や、横浜、川崎、相模原、茅ケ崎の5市の保健当局が発表した。
 横浜市は17人の感染を発表した。クラスター(感染者集団)が発生した昭和大藤が丘病院(青葉区)で新たに入院患者1人の感染が確認され、感染者は計18人になった。
 県は、大和市の30代男性会社員と厚木市の50代男性の2人を発表した。ともに軽症。
 川崎市は60代~70代の男女3人の感染を発表した。いずれも感染経路は不明という。
 相模原市は40代男女の感染を発表した。
 藤沢市は20~70代の男女10人の感染を発表した。7人は感染経路が不明。
 茅ケ崎市は、市内の70代男性と寒川町の30代女性の感染を発表した。いずれも感染経路は不明。

PR情報

神奈川の新着

記事一覧