オウムカズラ鮮やかに 熱川バナナワニ園で見頃

2020年11月10日 07時49分

鮮やかな色の花を咲かせるオウムカズラ=東伊豆町で

 東伊豆町の熱川バナナワニ園で、ツル植物の「オウムカズラ」が見頃を迎え、オレンジ色よりやや赤みがかった鮮やかな色の花が来園者の注目を集めている。今月下旬ごろまで楽しめる。
 マメ科の植物でニューギニア島が原産地。同園では2005年から栽培を始め、11年に初めて開花した。3月と11月の年2回、花を咲かせる。
 同園の温室では、天井伝いに20メートル以上伸びたツルから、長さ50センチほどの花房が垂れ下がり、オウムのくちばしのような花を咲かせている。9日現在で約30房が開花。まだつぼみのものもあり、最大で50房程度で花が咲き、1房には30〜50個の花がつくという。
 園の担当者は「年によって花は多かったり少なかったりする。今年は多い。やっぱり鮮やかな色が見どころ」と話す。開園は午前9時〜午後5時。年中無休。(山中正義)

関連キーワード

PR情報

静岡の新着

記事一覧