10月の自殺者は2153人…7月から増え2年7カ月ぶり2000人超に

2020年11月10日 19時10分
警察庁の統計(速報値)による9月までの自殺者数の推移

警察庁の統計(速報値)による9月までの自殺者数の推移

 10月の全国の自殺者数は2153人で、前年同期に比べ39・9%増加したことが、警察庁の調べ(速報値)で分かった。1カ月の死者が2000人を超えるのは2018年3月の2005人以来。
 今年1月から10月末までの全国の自殺者総数は1万7219人で、前年同期を160人上回った。性別は男性が67%の1万1541人。女性は5678人。
 都道府県別では東京都が255人(前年同期は170人)で最多。次いで埼玉県の151人(同83人)、神奈川県の148人(同89人)、愛知県の126人(同84人)などとなっている。
 自殺者数は、新型コロナウイルス感染症が拡大し始めた1月以降、月当たり1400人~1800人で推移。6月までは前年同期に比べ減少傾向だったが、7月以降に増加に転じ、同月が1840人、8月は1889人、9月が1828人と3カ月連続で1800人を超え、前年を大幅に上回っていた。
            ◇       ◇

◆相談窓口


・自殺予防「いのちの電話」
 0570-783-556(午前10時~午後10時)
 0120-783-556(フリーダイヤル、毎月10日午前8時~翌日午前8時)
全国のいのちの電話一覧(一般社団法人「日本いのちの電話連盟」)
いのち支える相談窓口一覧(自殺総合対策推進センター)
・こころの健康相談統一ダイヤル
 0570-064-556(曜日、時間は都道府県により異なる)
都道府県・政令指定都市の相談窓口

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧