4強出そろう!! 若獅子旗争奪学童低学年秋季大会

2020年11月11日 08時00分

初回、西浮間の矢澤が逆転打を放つ(いずれも菅原直樹撮影)

 2020年若獅子旗争奪第27回学童低学年秋季大会(文京区少年軟式野球連盟主催、東京新聞・東京中日スポーツなど後援)が7、8の両日、同区の後楽少年野球場で準々決勝までが行われ、狛江三小ウインズ(狛江)、江東ファイターズ(江東)、西浮間イーグルス(北)、新作第二少年野球部(川崎)のベスト4が出そろった。準決勝は14日、決勝は15日に後楽少年野球場で行われる。
 西浮間は、3回戦で白山サンデーボーイズ(文京)と対戦。1回表、白山が山口蒼嵐の三塁打で先制。西浮間もその裏に、矢澤颯人の適時打で逆転する。その後も小刻みに点を重ねた西浮間は、4回裏、長嶺裕真の本塁打でコールド勝ちで勝負がついた。

3回戦を突破した西浮間イーグルスの選手たち

 西浮間の藤田平監督は「思った通りの試合ができました。走塁ミスが多かったのが反省点です。次の試合では、緊張せず思いっきり楽しんでプレーしてほしい」と期待を込めて話した。シングル・三塁打・本塁打と、あと二塁打が出ればサイクルヒットと打撃絶好調の出口七々翔は「速い球を打つ練習をしていたので打つことができました」と元気いっぱいに話した。西浮間は、準々決勝でもオール麻布に快勝し4強入りを決めた。 (菅原直樹)
 ▽3回戦
茗荷谷クラブ(文京)20−6中野コメッツ(中野)
 
狛江三小ウインズ(狛江)4−1武蔵野エースハンターズ(武蔵野)
江東ファイターズ(江東)3−0東京ウィング(大田)
西浮間イーグルス(北)8−1白山サンデーボーイズ(文京)
 ▽準々決勝
狛江三小ウインズ8−5茗荷谷クラブ
江東ファイターズ2−1白幡台イーグルス(川崎)
西浮間イーグルス13−2オール麻布(港)
新作第二少年野球部(川崎)8−4南生田ウィングス(川崎) 
(東京中日スポーツ)

関連キーワード

PR情報

学童野球の新着

記事一覧