埼玉県で75人感染 熊谷市のダイニングバーで19人目、越谷市の通所介護施設では新たに4人、計14人に

2020年11月12日 21時04分

埼玉県庁

 埼玉県内では12日、新型コロナウイルスの新たな感染者75人と、死亡1人が発表された。
 川口市は入院中だった市内の60代女性が11日に死亡したと発表した。新たな感染者は4人で、うち80代女性は市内の高齢者施設の入所者。この施設の感染者は計3人。
 県は55人の感染者を発表した。うち熊谷市の20代女性はクラスター(感染者集団)が発生した市内のダイニングバー「フガール」の客。同店の感染者は計19人。また、吉川市に住む外国籍の20代女性2人は県内の食品加工工場の従業員で、同工場の感染者は少なくとも計5人。
 さいたま市は11人の感染を発表した。これとは別に、伊奈町に住むさいたま市立小学校の50代の男性教諭の感染が判明。学校は13日を臨時休校とする。
 越谷市は5人の感染を発表。うち4人はクラスターが発生した市内の通所介護施設の利用者と職員で、同施設の感染者は計14人。

関連キーワード

PR情報

埼玉の新着

記事一覧