クラスター、全国2000カ所以上で発生

2020年11月12日 21時15分
 新型コロナウイルス感染症のクラスター(感染者集団)とみられる事例が2月以降、全国で1994件に上ったことが厚生労働省のまとめで分かった。まとめは9日の時点。本紙の調べでは、少なくとも10、11日に14件のクラスターが発生しており、合計すると2000件を超えている。
 週単位でみると、3~9日に130カ所で発生した。前週(10月27~11月2日)の約1.3倍に増えており、クラスター発生は増加傾向にある。10月は、週単位では100カ所を下回っていた。
 「1カ所で5人以上の感染」をクラスターと呼ぶことが多いが、クラスターの公式な定義はない。厚労省は報道を基に、「複数の感染」をまとめており、2~4人のケースも含む。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧