千葉県で過去2番目に多い74 人感染 県立船橋芝山高校、市川市と松戸市の高齢者施設でクラスター 柏レイソルでは計16人

2020年11月12日 20時06分

千葉県庁

 県内では12日、新たに74人の新型コロナウイルス感染が発表された。1日に発表された感染者数では、8月6日の76人に次いで、過去2番目の多さとなった。直近1週間(6~12日)の感染者数は366人で8月以来、3カ月ぶりに300人台に到達した。
 市川市では特別養護老人ホーム「親愛の丘市川」で新たに入所者、職員計8人の感染が発表された。既に入所者1人の感染が確認されており、県はクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。
 また、船橋市ではクラスターが発生した2事業所と同じ建物内にある別の事業所で新たに感染者2人が確認された。
 県は、感染者数が増加傾向にある要因について、事業所や高齢者施設や小学校などでクラスターが相次いだり、家庭内感染が増えたりしたことを挙げる。担当者は「気温や湿度が下がったことで、感染が広がったと考えられる。第3波というより、第2波が続いている感じはしている」と分析した。
 県の担当者は「感染者が減る感じはなく、ますます警戒しないといけない。室内の換気や加湿など、基本的な予防対策の徹底を呼び掛けていきたい」と述べた。
 千葉県内では11日、新たに65人の新型コロナウイルスへの感染が発表された。県によると、県内で1日に発表された感染者数が65人を超えたのは、8月7日以来となった。
 県立船橋芝山高校(船橋市)では4人の感染が新たに判明し、計7人となったことから市はクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。3年生の2クラスの生徒で、市は両クラスの生徒約70人の検査を行っている。
 市によると、7人は仲の良い生徒同士。休み時間などで、マスクを外しての会話があったとみている。同校は11日に続き、12日も臨時休校という。
 松戸市根木内の高齢者福祉施設「リバーサイド・ヴィラ」では新たに入所者2人の感染が判明。既に職員と入所者5人の感染が確認されており、県はクラスターが発生したと認定した。
 クラスターに認定されているサッカーJ1・柏レイソルでは、新たに20代の選手1人の感染が判明し、計16人になった。

関連キーワード

PR情報

千葉の新着

記事一覧