埼玉県で新たに83人感染、5人死亡 朝霞市の老人ホームでは4人目の死者

2020年11月13日 20時31分

埼玉県庁

 埼玉県内では13日、新型コロナウイルスの新たな感染者83人と、死亡5人が発表された。
 死亡の内訳は県発表が80~90代の男女4人、越谷市が市内の1人。うち県が詳細を公表した90代の男性1人は、クラスター(感染者集団)が発生した朝霞市の介護付き老人ホーム「ラヴィーレ朝霞」の入所者。同施設の死者は4人となった。
 県発表の新たな感染は56人。これとは別に、吉川市の食品加工メーカー「わらべや日洋 吉川工場」で、先月下旬~今月12日に従業員の男女13人が感染していたと発表した。同工場は24時間体制でコンビニの弁当や総菜などを製造。11日以降は感染者が出た昼間の操業を中止している。
 越谷市は7人の感染を発表した。うち4人はクラスターが発生した市内の通所介護施設の関係者の家族。
 川口市は4人の感染を発表。うち40代男性は市立小学校の教職員で、同僚に感染者がいた。さいたま市は20~80代の男女13人、川越市は40代の男女3人の感染をそれぞれ発表した。
 
【関連記事】◆新型コロナウイルス 首都圏の感染者数と最新情報
【関連リンク】埼玉県公式サイト

関連キーワード

PR情報

埼玉の新着

記事一覧