ベートーベン生誕250年 こんな年だけど「歓喜」

2020年11月15日 07時15分

ベートーベンのおなじみの肖像画

 今年はベートーベン(1770〜1827年)の生誕250年。節目に際し、舞台やテレビの特番、CDなどスペシャルな企画が相次いでいる一方で、新型コロナ禍に見舞われさんざんな“楽聖イヤー”になってしまった。これも「運命」なのか…。いや、暮れには「第9」を聴いて「歓喜」で締めくくりたい。 (山岸利行)

◆【CD】「強い個性や主張の作品群」企画盤続々

ジャケットは漫画家浦沢直樹の描き下ろし

 ルートウィヒ・ベートーベンは、交響曲や協奏曲、ピアノソナタなど、数多くの作品を発表した。クラシック音楽史に輝く「楽聖」は、学校の音楽室などで見かける肖像画がなじみ深い。ウエーブのかかった髪形、右手にペン、左手に譜面を持ち、いささか険しい表情で前方を見据える。鬱屈(うっくつ)や苦悩を抱え続けた生涯だが、残した名曲は時を超えて今なお世界で愛され、親しまれている。
 ユニバーサルミュージックは6月、「史上最強」と銘打って、2枚組みCD「運命〜ベスト・オブ・ベートーヴェン」=写真=を出した。「運命」「第9」「エリーゼのために」などの人気作を収めた。これとは別に「超定番30曲」も選定し、サイトで公開中。このうち、「初心者編」の10曲=別表=はベートーベンを初めて聴く際の参考になりそう。
 また、今年に入って計100枚のCDを4回に分けて順次発売中で、今月18日には最後の25枚が出る。これまでに発売された中では交響曲第5番「運命」、同第6番「田園」などが売れ筋で、123枚組みの「ベートーヴェン新大全集」も好評。「くめども尽きぬ感動をもたらしてくれる」という声も届いているという。
 コロナ禍で4、5月はほとんどのCDショップが営業できず、コンサートも開催されず即売もできなかった。それでも、ベートーベン関連商品の売り上げは昨年同期比(1〜9月)でほぼ横ばい。通常営業していれば「1.5〜2倍程度の売り上げになったのでは」と担当者。
 ベートーベンの魅力について、担当者は「彼以前の、貴族の娯楽や教会の礼拝のために作曲された音楽と違い、強い主張や個性が作品に刻印されている。それまでの常識を発展させ、型を破って進化させてきた」と分析する。難聴も情熱で克服したベートーベンの音楽は、困難な人生に希望を与えてくれるという。
■ベートーベン10曲 初心者編
♪エリーゼのために
♪交響曲第5番「運命」
♪ピアノ・ソナタ第8番「悲愴(ひそう)」
♪交響曲第6番「田園」
♪ピアノ協奏曲第5番「皇帝」
♪交響曲第7番
♪バイオリン・ソナタ第5番「春」
♪ピアノ・ソナタ第14番「月光」
♪トルコ行進曲
♪交響曲第9番「合唱付き」 
※ユニバーサルミュージック「ベートーヴェン生誕250周年記念サイト『超定番30曲』」より

年末の風物詩、合唱でおなじみの「交響曲第9番」。今年の公演はどうなる?=2017年、三重県東員町で

◆【舞台】表現の幅広げた「楽聖」「秘めた恋」劇に

 生涯独身だったベートーベンだが、死後、机の引き出しから「不滅の恋人」に宛てた手紙が発見された。この史実を基にした舞台「Op.110 ベートーヴェン『不滅の恋人』への手紙」が十二月に上演される。音楽を担当するピアニストで作曲家の新垣(にいがき)隆(50)=写真=は「芸術としての音楽という時の原点」と敬服する。

ベートーベンへの思いを語る新垣隆=東京都港区で

 「ベートーベンの作品を聴くと、いろいろなヒントがある。強く激しい曲から静かでデリケートな作品まで、表現の幅を広げた」と語る新垣。和音や作品の組み立て方、作り方などお手本になるという。「音楽の父」と呼ばれ、宮廷や教会で活躍したバッハ(一六八五〜一七五〇年)の作品と聴き比べると、時代背景の違いこそあるが、確かに作品の趣が異なる。
 今回の公演の題名になっている「ピアノソナタ第三十一番Op.110(作品110)」。舞台では、ベートーベンと親交のあったアントニー・ブレンターノという女性にこの作品が献呈されるはずだったとして、アントニーとの恋が語られていく。この曲について「優しさ、繊細さがあって、音楽による文学的作品。固有の力を感じる」と評する。
 新垣にとっての“ベスト・オブ・ベートーベン”は交響曲第五番「運命」。「人々を圧倒し、人々に訴える力を持っている」と熱い。冒頭の「ジャジャジャジャーン」はあまりにも有名だが、「全体を聴き終えた時、『あー、よかった』と思い興奮する。そんな力がある」と絶賛してやまない。
 公演では、舞台中央に置かれたピアノを新垣が弾き、物語が進んでいく。十二月十一〜二十六日、東京・よみうり大手町ホールで。原案・小熊節子、演出・栗山民也、脚本・木内宏昌。出演は一路真輝、田代万里生、神尾佑(ゆう)、前田亜季ら。
 サンライズプロモーション東京=(電)0570・00・3337。
■ベートーベンの生涯
1770年 ドイツ・ボンで誕生(12月16日)
 82年 作品を初出版
 92年 オーストリア・ウィーンへ移住
 90年代後半 難聴判明1800年交響曲第1番が完成
 02年 耳の養生のためウィーン郊外のハイリゲンシュタットへ
 03年 交響曲第3番「英雄」完成
 08年 交響曲第5番「運命」完成
 18年 難聴が悪化
 24年 交響曲第9番「合唱付き」完成
 27年 死去(3月26日)、享年56
※出生の日は推定

◆【NHK】各地のオケが名曲リレー

 苦しみを乗り越え、喜びへ-歓喜への扉を開こう! NHKは「ベートーベン250」プロジェクトとして、年末までテレビやラジオのさまざまな番組を放送している。

NHK「ベートーベン250」プロジェクトのアンバサダーを務める稲垣吾郎

 総合土曜午後二時五十分などの「名曲アルバム」、Eテレ金曜午後九時の「ららら♪クラシック」(再放送あり)といったおなじみの番組に加え、「オーケストラでつなぐ希望のシンフォニー」と題した企画では、全国各地のオーケストラがベートーベンの名曲を演奏してつないでいて、その模様は「クラシック音楽館」(Eテレ日曜午後九時)で放送されている。今後は十五日に交響曲第五番(山形交響楽団)、同第六番(大阪フィルハーモニー交響楽団)ほか。二十二日は同第七番(名古屋フィルハーモニー交響楽団)、同第八番(札幌交響楽団)ほか。
 また、プロジェクトの一環として「あなたが選ぶベートーベン・ベスト10」の投票を十六日までNHKの公式サイトで受け付けている。投票結果は十二月の「ららら-」などで発表する。同二十日の「プレミアムシアター」(BSプレミアム)では、サイモン・ラトル指揮、ロンドン交響楽団による「交響曲第九番」も放送予定。
 プロジェクトのアンバサダーを務める稲垣吾郎=写真=はベートーベンについて「激しさや怖さといったイメージが強く、ちょっと受け止めきれないと感じる部分もありました」としながら、「いろんな苦労を乗り越えて音楽を突き詰めていく生き方、人間性、その音楽が受け継がれているという歴史に触れることで、ベートーベンにもっと興味がわいてきました」とコメントしている。

関連キーワード

PR情報

芸能の新着

記事一覧