RCEP、15カ国が協定に署名 巨大経済圏、関税91%撤廃

2020年11月15日 19時22分 (共同通信)
 オンライン開催されたRCEPの署名式に参加し、各国首脳らが映る画面の脇で手を振るベトナムのグエン・スアン・フック首相(左)=15日、ハノイ(VNA=共同)

 オンライン開催されたRCEPの署名式に参加し、各国首脳らが映る画面の脇で手を振るベトナムのグエン・スアン・フック首相(左)=15日、ハノイ(VNA=共同)

  •  オンライン開催されたRCEPの署名式に参加し、各国首脳らが映る画面の脇で手を振るベトナムのグエン・スアン・フック首相(左)=15日、ハノイ(VNA=共同)
  •  菅義偉首相
 日本や中国、韓国、東南アジア諸国連合(ASEAN)など「地域的な包括的経済連携(RCEP)」の参加15カ国が15日、協定に署名した。関税削減や統一的ルールにより自由貿易を推進する枠組みで、日本にとっては貿易額が最大の中国、3位の韓国が含まれる初の経済連携協定(EPA)。参加国全体での関税撤廃率は品目ベースで91%になり、国内総生産(GDP)の合計が世界の約3割を占める巨大経済圏が誕生する。
 署名に加わらなかったインドには、早期復帰が可能となる特別措置を設けた。

関連キーワード

PR情報