馬毛島基地反対の署名を提出 防衛省へ30万筆、市民団体

2020年11月16日 17時30分 (共同通信)
 防衛省の担当者(右)に、鹿児島県・馬毛島への米軍機訓練移転に反対する署名を提出する地元市民団体の山内光典事務局長(左手前)=16日午後、国会

 防衛省の担当者(右)に、鹿児島県・馬毛島への米軍機訓練移転に反対する署名を提出する地元市民団体の山内光典事務局長(左手前)=16日午後、国会

  •  防衛省の担当者(右)に、鹿児島県・馬毛島への米軍機訓練移転に反対する署名を提出する地元市民団体の山内光典事務局長(左手前)=16日午後、国会
 鹿児島県西之表市の無人島・馬毛島に自衛隊基地を建設し、米軍空母艦載機の陸上空母離着陸訓練(FCLP)を移転する計画に関し、地元の市民団体が16日、国会内で、訓練移転に反対する署名を防衛省の担当者に手渡した。署名は西之表市民約6千筆を含む約30万筆という。
 市民団体の山内光典事務局長は「甚大な騒音被害、落下物などの危険性や悪影響は健康と安全な暮らしを破壊する。産業に及ぼす影響も計り知れない」と訴えた。防衛省の担当者は「一つ一つ説明を積み重ね、地元の理解と協力を得られるようにしたい」と述べた。
 FCLPは現在、東京・小笠原諸島の硫黄島で実施されている。

関連キーワード

PR情報