「三島由紀夫と会わないかん」 事件から半世紀 介錯人の兄語る 

2020年11月17日 06時00分

必勝の遺影の前で手を合わせる治さん。隣には三島由紀夫の写真が並んでいる=いずれも三重県四日市市で

 作家の三島由紀夫らが陸上自衛隊市ケ谷駐屯地(東京都新宿区)で自決した「三島事件」から、25日で50年になる。三島を介錯かいしゃくした後、自決した「楯の会」学生長、森田必勝まさかつ=当時(25)=の兄治さん(91)=三重県四日市市=は弟の墓に通い、冥福を祈り続けてきた。政治的な思想は交わらなかったが、肉親の情は今も変わらない。(佐藤大)
 「その日、どこに立ち寄ったのかはっきりしないんです」。必勝が遺したという事件前日の1970年11月24日付中日新聞の三重県版を見ながら、治さんは半世紀前の記憶をたどり始めた。
 当時の新聞は必勝の死後、「楯の会」メンバーから受け取った遺品の中にあり、23日付の東京新聞など在京紙も含まれていた。事件は25日に起きたことから、とんぼ返りで故郷の四日市に戻ったとみられる。しかし、実家には立ち寄らなかった。「墓参りをして帰ったのでは。私に会うと、感情があらわになったり、乱れたりすると思ったのでしょうか」

事件の日に着ていた楯の会の制服など必勝の遺品。ズボンなどに血痕が残っている

大学で三島と出会う

 必勝は2歳半で父、3歳で母を亡くし、16歳年上の治さんは親代わりだった。性格は真っすぐで快活。政治的関心が強く、自民党重鎮だった河野一郎衆院議員に弟子入りを志願したこともあった。早稲田大学で民族運動に身を投じ、三島と知り合う。
 70年夏に帰省したが、とりとめのない話を交わしただけで、異変に気付かなかった。ただ「三島さんと会わないかん」という理由で、早めに東京に戻ったことは覚えている。

「必勝がニュースに出ている」

 治さんが事件を知ったのは、必勝の高校の同級生から勤務先の中学校にかかってきた電話だった。「必勝がニュースに出ている」。三島と一緒に亡くなったという。混乱する頭で地元の四日市南署に尋ねたが情報はなく、三重県警本部に連絡を取り、事態を把握した。急きょ上京し、遺体と対面。楯の会メンバーが号泣する横で、涙をこらえた。
 治さんは26年間の中学教諭勤務を経て県議に転身し、6期務めて副議長にもなった。非武装中立、憲法9条堅持の立場を貫いた。「軍備拡大の時代ではないというのが私の認識」
 それゆえに、改憲や自衛隊の国軍化などを主張した弟と議論がかみ合うことはなかった。ただ「人それぞれの考えがあり、弟なりの信念を拒絶、拒否はしなかった」と振り返る。

「命を受けて」ではなかったのでは

 歴史的には必勝が三島に殉じたという評価が根強いが、「三島さんといろいろ話し合い、最後の行動に入ったんだと。対等とは言わないが、三島さんの命を受けて、ということではなかったのでは」と、弟も主体的に動いたと信じる。
 足腰の衰えで、数年前から毎日の墓通いは難しくなった。あの世に呼ばれたら、やりたいことがある。「国を憂えての行動だったと私は理解しましたけど、本心どうなんや、と本人に詰めてみたい。三島さんとも話をしてみたいですね。天国か地獄かは知りませんけど、話ができれば、ね」

 三島事件 1970年11月25日、三島由紀夫と、三島が結成した民兵組織「楯の会」メンバー4人が陸上自衛隊市ケ谷駐屯地で、益田兼利・東部方面総監を人質に立てこもった。自衛隊員を集め、2階バルコニーからの演説を要求。自衛隊に決起を訴えた後、三島と森田が割腹自殺した。事件の約1年半前、三島が東大全共闘のメンバーと激論を交わした映像を基に、ドキュメンタリー映画「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」が今年全国公開され、話題となった。必勝は三島の護衛役として会場にいた。

関連キーワード

PR情報

東京の最新ニュース

記事一覧