<新型コロナ>65歳以上の希望者に無料PCR 市川市、来年1〜2月

2020年11月17日 07時49分
 市川市は十六日、新型コロナウイルス対策で、六十五歳以上の希望者らを対象に唾液によるPCR検査を無料で行うと発表した。六十〜六十四歳で心臓や肝臓、呼吸器などに疾患があり、市から通知が届く市民も対象。年齢は二〇二一年四月一日時点。来年一月中旬から二月中旬、公民館など公共施設約二十カ所で実施する。
 この検査では、検査場所で市職員らが年齢を確認後、検査キットと同意書を手渡す。高齢者らは自宅で唾液を採取し、翌日に同じ検査場所へ持参、民間の検査センターへ送られる。陽性の疑いがあると市から連絡があり、医療機関で再度PCR検査を受けてもらう。
 唾液による検査を行う理由を、村越祐民市長は「(新型コロナの)第三波が確実に来ている状況。高齢者は重症化リスクが高く、検査が安心につながればいい」と説明。こうした検査は県内では初めてといい、市事業として実施する。
 検査対象者は約十万五千人で、約六万五千人が検査を受けると見込んでいる。予算額は約一億七千五百万円。関連予算案を十二月定例市議会に提案する。 (保母哲)

関連キーワード

PR情報