NY株が9カ月ぶり最高値更新、3万ドル台目前 ワクチン開発に期待

2020年11月17日 10時00分
16日、巨大な米国国旗が掲げられたニューヨーク証券取引所(UPI=共同)

16日、巨大な米国国旗が掲げられたニューヨーク証券取引所(UPI=共同)

 【ワシントン=白石亘】週明け16日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は終値ベースで9カ月ぶりに過去最高値を更新した。新型コロナウイルスのワクチン開発への期待から、前週末比470.63ドル高の2万9950.44ドルで取引を終え、3万ドルの大台が目前に迫った。
 米製薬企業モデルナが開発中のワクチンの臨床試験で発症を防ぐ有効性が94.5%あったと発表。先週のファイザーに続き、ワクチン開発が順調に進んでいるとの見方から、経済活動の正常化に期待が広がった。
 コロナで大きな打撃を受けたクルーズ船など旅行関連や航空株が大きく値を上げたほか、石油や銀行などの景気敏感株も値上がりした。ダウが終値で最高値を更新するのは2月12日以来。コロナの感染拡大で株価が急落した3月末の安値1万8591ドルと比べ、6割超上昇したことになる。
 とはいえ、新規感染者数は世界各地で急増しているほか、ワクチンの普及には少なくとも数カ月かかるとみられ、当面の景気に対する懸念材料は少なくない。

関連キーワード


おすすめ情報