【動画】伊藤詩織さん「イラストは私の魂を傷つけた」 はすみとしこ氏を訴えた裁判始まる

2020年11月17日 17時39分

東京地裁前で報道陣の取材に応じる伊藤詩織さん=17日午前(共同)

 性暴力被害を公表したジャーナリスト伊藤詩織さん(31)が、自身を誹謗ひぼう中傷するイラストをツイッターに投稿されたとして、漫画家はすみとしこさんに550万円の損害賠償と投稿の削除などを求めた訴訟の第1回口頭弁論が17日、東京地裁(小田正二裁判長)であった。伊藤さんは「今でも忘れられない。イラストは私の魂を深く傷つけた」と意見陳述した。

◆セカンドレイプに苦しむ人のために

 伊藤さんは「被害から立ち直りたい、日常を取り戻したい、という私の思いは踏みにじられた」と訴えた。さらに、「初めて自分の被害をあざ笑うようなイラストを見た朝を、今でも忘れられない。はすみさんのイラストは、ネット上で瞬く間に拡散した。どうして被害を笑い、シェアできるのか、他人が怖くなり、外に出ること、街を歩くことに苦痛を覚えるようになった」と述べた。
 裁判後には「セカンドレイプの拡散に加担する人が大勢いる。私が前に進むため、同じ被害に苦しむ多くの人たちのために、裁判を始めた」と話した。

◆はすみさんは争う姿勢

 はすみさん側は争う姿勢を示したが、はすみさん本人は出廷しなかった。また、伊藤さんは、はすみさんの投稿をリツイート(転載)して広めたとしてクリエーターと医師の男性2人にも220万円の支払いを求めているが、2人はともに争う姿勢を示した。
 訴状によると、はすみさんは2017年6月~昨年12月、伊藤さんとみられる女性を描いたイラストなど5件を投稿し「枕営業」と記載。伊藤さん側は、性暴力被害の訴えがうそであるかのような内容で、名誉を傷つけられたと主張している。
 はすみさんは投稿で「風刺画はフィクションで実際の人物とは無関係」としたが、伊藤さん側は「絵柄や内容から容易に伊藤さんと同定できる」としている。(望月衣塑子)

関連キーワード

PR情報