<国際編>第二次大戦開戦80年 ドイツ謝る

2019年9月12日 02時00分

第2次世界大戦の開戦80年の記念式典で演説するドイツのシュタインマイヤー大統領=1日、ワルシャワで(AP・共同)

 ナチス・ドイツ軍がポーランドに攻(せ)めこんで始まった第2次世界大戦が1日で開戦から80年になりました。ポーランドの首都ワルシャワの広場では、戦争で亡(な)くなった人々に思いをはせる記念式典が開かれました。
 ドイツのシュタインマイヤー大統領(だいとうりょう)は「あの戦争はドイツによる犯罪行為(はんざいこうい)だった」と演説(えんぜつ)し、謝(あやま)りました。
 第2次世界大戦は1939年9月1日に始まりました。ドイツ軍がポーランドに大砲(たいほう)や爆弾(ばくだん)で攻撃(こうげき)をしたことで、ポーランドとおたがいを助け合うと約束していたイギリスとフランスもドイツとの戦争に加わり、各国に広がっていきました。
 ドイツの記録によると、45年の終戦までに軍と市民を合わせて、ポーランドで約600万人、ドイツで600万人以上が亡くなりました。

関連キーワード

PR情報