東京都、新型コロナの警戒度を最高レベルへ 感染状況悪化で19日に引き上げ検討

2020年11月18日 17時09分
都庁(中)ほか新宿のビル群など。右奥は東京駅周辺のビル群

都庁(中)ほか新宿のビル群など。右奥は東京駅周辺のビル群

  • 都庁(中)ほか新宿のビル群など。右奥は東京駅周辺のビル群
 東京都が都内の新型コロナウイルスの感染状況について、4段階で示している警戒度を1段階引き上げて最高レベルにする方向で検討していることが、関係者への取材で分かった。19日に有識者らを交えて開くモニタリング会議での分析を踏まえて最終的に判断する方針。
 都内の警戒度が最高レベルになれば9月10日に1段階引き下げて以来、約2カ月ぶりとなる。
 都内では11月に入って感染者の増加傾向が顕著になっている。直近7日間を平均した1日当たりの感染者数は17日の時点で309.9人で8月上旬のピークに迫る水準。入院患者のうち重症者も42人で過去最多に上っている。(共同)

PR情報

東京の新着

記事一覧