どうなるGo To トラベル? 感染者は過去最多だけど…政府は継続する方針

2020年11月18日 20時28分
 新型コロナウイルスの新規感染者数が全国で過去最多を更新していることに関し、政府は感染の再拡大に警戒を強めつつも、観光支援策「Go To トラベル」を継続する方針だ。政府の新型コロナ対策分科会は、感染状況によって対象地域から除外することも検討するよう求めているが、感染防止と経済再生の両立を目指す政府は見直しに慎重姿勢を崩さない。(村上一樹)
 政府の分科会は感染状況を4つのステージに分類。「感染急増」にあたる「ステージ3」と判断される地域に関しては、さらなる感染拡大を防ぐために「Go To トラベル」の対象からの除外も検討するよう9月に提言した。
 ステージを判断する指標としては「病床の逼迫具合」「療養者数」「陽性率」「感染経路不明者の割合」など6項目を挙げる。東京都では6つの指標のうち、PCR陽性率を除く5つが「ステージ3」以上の状態になっている。
 分科会は「指標はあくまで目安で、国や都道府県は、地域の状況などを踏まえて、総合的に判断する必要がある」と指摘。政府は旅行業者、旅行者双方に検温や換気、消毒などの感染防止策の徹底を呼び掛けているものの、都道府県境をまたぐ移動の自粛などは求めていない。
 加藤勝信官房長官は18日の記者会見で「感染防止策をしっかりやれば、旅行による感染リスクは低減できる。東京から除外してほしいという要望も受けていない」と強調した。

東京都心


関連キーワード


おすすめ情報