介護費用10兆5千億円 高齢化で利用増、最多更新

2020年11月18日 20時30分 (共同通信)
 厚生労働省が18日公表した2019年度「介護給付費等実態統計」によると、介護保険給付や自己負担を合わせた介護費用は前年度に比べ3559億円増の10兆5095億円に上り、過去最多を更新した。高齢化が進み、利用が増えた。
 10兆円超は2年連続。今後も費用の膨張が見込まれる。
 介護サービスの利用者も9万3100人増の527万2300人となり、最も多くなった。
 厚労省は介護保険制度が始まった翌年度の01年度から調査。01年度に4兆3782億円だった介護費用が19年度には約2・4倍に膨らみ、利用者も約1・8倍増加した。

関連キーワード

PR情報

話題の最新ニュース

記事一覧