菅首相、新型コロナ感染最多でもGo To トラベル見直しには言及せず

2020年11月19日 13時19分
首相官邸で記者団の取材に応じる菅首相=19日午前(共同)

首相官邸で記者団の取材に応じる菅首相=19日午前(共同)

  • 首相官邸で記者団の取材に応じる菅首相=19日午前(共同)
 菅義偉首相は19日、首相官邸で報道陣の取材に応じ、新型コロナウイルスの1日当たりの感染者数が過去最多の2000人超になったことについて、「最大限の警戒状況にある」と述べた。飲食を通じた感染リスクがあるとして、食事中も話すときにはマスクを着用する「静かなマスク会食」を呼び掛けた。
 首相は西村康稔経済再生担当相、田村憲久厚生労働相に、感染拡大地域の高齢者施設などで検査を徹底することや、19、20日両日に開く専門家会議での議論を踏まえ、さらに効果的な対策を講じるよう指示したという。
 首相は報道陣の代表質問に1つ回答しただけで、「Go To トラベルの見直しをしないのか」という問には答えずに立ち去った。

◆「最大限の警戒状況にあると認識」首相発言全文

 菅義偉首相が新型コロナウイルス感染者急増を受け、記者団に語った発言の全文は次の通り。
 新型コロナの感染状況は、昨日は全国で2000人を超え過去最多となるなど、最大限の警戒状況にあると認識している。政府としては、地方公共団体が行う営業時間の短縮要請、この支援を徹底するとともに「Go To イート」については、原則4人以下で飲食することを知事に検討することをお願いした。
 また昨日、西村康稔経済再生担当相、田村憲久厚生労働相から感染状況について報告を受けた上で、感染拡大地域の高齢者施設などで集中的に検査を徹底するとともに、本日、明日と行われる専門家会議の議論を踏まえた上で、さらに効果的な対策を講じるように指示した。
 国民の皆さんには改めてマスクの着用、3密の回避、こうした基本的な感染対策を徹底するようお願いしたい。特に専門家からは、飲食を通じた感染のリスクが指摘されており、飲食の際も会話のときにはマスクを着用するよう言われている。皆さん「静かなマスク会食」をぜひお願いしたい。私もきょうから徹底したい。

関連キーワード

PR情報

政治の最新ニュース

記事一覧