<社会編>大阪の古墳群 世界遺産に決定

2019年7月23日 02時00分

百舌鳥・古市古墳群の仁徳天皇陵古墳(大山古墳)=堺市で

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)は6日、大阪(おおさか)府南部にある「百舌鳥(もず)・古市古墳群(ふるいちこふんぐん)」を世界文化遺産(いさん)に登録することを決定しました。
 古墳は古代(4~5世紀(せいき))の日本で、身分の高い人のために土を盛(も)って造(つく)ったお墓(はか)です。国内の世界遺産は23件(けん)で、文化遺産19、自然遺産4となります。
 決まったのは全長486メートルと世界的にも大きな「仁徳天皇陵(にんとくてんのうりょう)古墳」(大山(だいせん)古墳)=堺(さかい)市=をはじめ49の古墳です。上から見ると丸形の「円墳(えんぷん)」、四角い「方墳(ほうふん)」、円と四角を組み合わせた「前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)」などがあります。当時の文化を代表し、世界遺産にふさわしいと評価(ひょうか)されました。
 ユネスコは年1回会議を開き、新たな世界遺産の登録を決めます。今年はヨーロッパとアジアの境(さかい)にあるアゼルバイジャンで行われました。

関連キーワード

PR情報