みなかみ町須川・道の駅「たくみの里」でわらアート展

2020年11月20日 07時30分
 みなかみ町須川の道の駅「たくみの里」で、木や竹の枠組みに編み込んだわらをかぶせて動物などをかたどった「わらアート」8体が展示されている。30日まで。
 2017年から毎年、300ヘクタール以上ある広大な敷地のあちこちに、周辺住民らが作った巨大な作品を10体程度展示している。今回は来年のえとのウシをはじめイノシシの親子やクマ、招き猫などを展示。疫病退散に御利益があるとされる妖怪「アマビエ」=写真=の前では、観光客たちが新型コロナウイルス収束の願いを込めて写真に収めている。 (渡辺隆治)

関連キーワード


おすすめ情報