<法律お助け隊 滝沢香弁護士>元夫名義の家 「売りたい」と言われ

2020年11月21日 07時29分
<お悩み> 1年前に離婚した元夫名義の自宅に住んでいます。元夫が突然、「ローンの支払いが大変。不動産を売却するので明け渡して」と言ってきました。元夫は離婚を求めてきた際、「ローンは自分が払う」と言っていました。不動産はいずれ同居する子が相続すると思い、書面を取り交わさずに離婚に合意しましたので困惑しています。 (神奈川・女性52歳)

◆ローン確認し名義変えを

<お答え> 結婚後に夫婦で形成した財産については、離婚に伴って財産分与を請求できます。原則二分の一ずつです。請求期間は離婚後二年以内です。二人の協議がまとまらない場合は、家庭裁判所の調停や審判で決めることになります。
 自宅については、このままだと、元夫が売却する可能性もあります。元夫のローン返済が滞れば、抵当権者が競売を申し立てるかもしれません。住み続けるには、あなた名義にするほうが安心です。
 自宅の財産分与については、ローン残額が不動産価値より高い場合、自宅に財産価値がないので分与の対象としないと、家裁が判断することもあります。そうなると自宅はあなたに分与されず、名義人である元夫への明け渡しを命じられる可能性もあります。
 自宅はだいぶ以前に取得しているので、ローン残額も減っていると思います。元夫との話し合いや、金融機関との調整を経て、あなたが自宅の権利を取得した上で、別の金融機関から借り換えるなどして、ローンの支払いを続けながら住むことができます。残額次第では一括返済も可能かもしれません。
 ローンの借り換えや一括返済が難しければ、自宅を売却して余剰金を元夫と二分の一ずつ分ける場合もあります。この場合は、住居を別に確保しなくてはならなくなります。
 あなたはローンの連帯保証人にもなっているようです。元夫が支払い困難になれば、あなたにも請求がきます。自宅の現在の価値や、ローン残額を確認した上で、弁護士などに相談して早く対応を検討したほうがいいでしょう。

関連キーワード

PR情報

悩みの小部屋の新着

記事一覧