小池都知事「GoToは国の責任で判断を」

2020年11月21日 20時34分

会見する小池都知事=都庁で

 政府の観光支援事業「Go To トラベル」の運用見直し方針について、東京都の小池百合子知事は21日、「国が責任を持って判断を示すべきだ」との考えを示した。都庁で報道陣の取材に答えた。
 小池知事は10月から東京が同事業に加わった経緯を「国が主体的にお決めになる、との流れで行われたもの」と指摘して「(見直しも)しっかり国の方で判断いただきたい。それが責任だ」と述べた。
 飲食店などへ営業時間の短縮要請を行うかどうかは「昨日申し上げた通り」と答えるにとどまった。小池知事は20日の定例会見で「基本的な感染防止対策の徹底をお願いする。とにかく重症者を増やさない」と、要請に否定的な姿勢を示していた。(松尾博史)

PR情報

東京の最新ニュース

記事一覧