地元枠で出場・アンギラス初V らしく得点!!コールド セガサミーカップ決勝

2020年11月24日 07時08分

優勝を決める適時打を放つアンギラスの内田

 決勝が15日、東京都八王子市のセガサミー野球場で行われ、地元・八王子のアンギラスが小平フレンズ(小平)を下して優勝した。開催地枠出場チームの優勝は初めて。アンギラス先発の大西快投手が大会MVPに選ばれた。
 アンギラスは1回裏、先頭打者の秋葉陽平が二塁打で出塁すると、捕逸と内野ゴロでかえって先制。2、3回には四死球を足掛かりに無安打で1点ずつを追加、4回には2死満塁から福島聡太が走者一掃の適時二塁打を放って3点を加えた。
 小平も4回に無安打で1点を挙げると、5回には財田和真の2ランで反撃したが、時すでに遅し。その裏、アンギラスは4四死球と敵失などで4点を加えると、最後は4番・内田栞が10点目の適時打を放ってコールド勝ちを決めた。
 アンギラス・木代勝美監督は「きょうの試合は出来過ぎです」と笑い、「ヒットは多くありませんが(5安打)、うちらしく走り、かき回して得点できたのが良かったですね」と話した。
 ▽決勝
小平フレンズ
00012|3
11134x|10
アンギラス
 (5回コールド)
(小)山本慈英、小林優希、小沼慶−梅田宏平
(ア)大西快−田畑快
 本塁打 財田和真(小)
◇主催 東京都軟式野球連盟 東京中日スポーツ 東京新聞 / 特別協賛 セガサミーグループ
(東京中日スポーツ)

関連キーワード

PR情報

セガサミーの新着

記事一覧