埼玉県、Go To イートの新規販売を無期延期 新型コロナ感染拡大で

2020年11月24日 18時13分
埼玉県の「Go To イート」のホームページ画面

埼玉県の「Go To イート」のホームページ画面

  • 埼玉県の「Go To イート」のホームページ画面
 政府の飲食業界への支援策「Go To イート」について、埼玉県は24日、来月1日に予定していたプレミアム付き食事券の第2期予約受け付けを無期延期すると発表した。10月に始まった第1期の予約分は発券されるが、発行された食事券や獲得したポイントの利用も控えるよう求める。
【関連記事】埼玉県で24日は43人が感染、2人死亡

 国の検討要請を受けて、この日の県新型コロナウイルス対策本部会議で決定した。発行された食事券や獲得ポイントの利用制限の開始時期は、農林水産省の決定に合わせる。食事券の発行は2021年1月末まで、食事券とポイントの利用は21年3月末までと期限が決まっている。県は利用者に不利益が生じないよう、食事券の利用期限の延長を国に求める。
 また、感染拡大を受けて県は事業者に対し、新型コロナ特別措置法24条9項に基づき、今月26日午前零時から当面の間、手指消毒や換気の徹底など業界ガイドラインによる感染症対策が徹底されていない飲食店の営業停止を要請する。
 県は7月、接待を伴う飲食店のうち感染対策が不十分な店には同様の要請を行っていた。今回、対象をそれ以外の飲食店にも広げる。県によると、飲食店や「夜の街」に起因する感染割合は減少傾向だが、絶対数は増えている。
 対象施設の拡大について、大野元裕知事は報道陣に「感染拡大の防止措置の徹底を促すための措置。県として強い危機感を持ったメッセージだ」と協力を求めた。 (飯田樹与)

PR情報

埼玉の新着

記事一覧