<新型コロナ>東京都、午後10時までの営業短縮を飲食店などに再要請へ Go To イートも新規販売停止

2020年11月25日 18時14分
東京都庁

東京都庁

  • 東京都庁
 東京都は25日、新型コロナウイルスの重症者数が増加傾向にあるのを受け、酒類を提供する飲食店などに対し、23区内を中心に今月28日から3週間程度にわたって営業時間を午後10時までに短縮するよう再要請する方向で最終調整に入った。同日午後5時から小池百合子知事が記者会見し、詳細を公表する。期間は今週末から3週間程度と見込まれ、時短に応じた飲食店には今夏の要請時と同規模の協力金を支給する見通し。
 政府の観光支援策「Go To トラベル」からの一時除外は現時点で求めず、飲食業界の支援策「Go To イート」については、食事券の新規発行や販売を一時停止する方向。小池氏は25日午前、都庁で報道陣の取材に応じ「総合的に判断し、記者会見で説明する」と述べた。
 都は今年8月3日から、酒類を提供する飲食店やカラオケ店に午後10時までの時短営業を要請。23区内は同月31日の期限を9月15日まで延長した。
(共同)

PR情報

東京の新着

記事一覧