<新型コロナ>埼玉県で99人が感染 3人死亡

2020年11月25日 20時20分

埼玉県庁

 埼玉県内では25日、新型コロナウイルスの新たな感染者99人と、死亡3人が発表された。
 県は県内の90代女性と80代男性の死亡を発表した。2人とも基礎疾患があった。また、川口市は市内の80代男性が24日に死亡したと発表した。
 新たな感染者の発表の内訳は、県78人、さいたま市8人、川越市4人、川口市8人、越谷市1人。
 県によると、富士見市の70代男性は同市の「イムス富士見総合病院」の入院患者。同病院の感染者は患者6人と職員4人の計10人となった。全員が同じ病棟で入院または勤務していたという。
 さいたま市によると、20代の男性2人は市内の同じ飲食店の従業員。17日に2人を含む従業員10人が店内で食事をしたといい、同店の感染者は計3人。
 これらとは別に、県教育局は県北部の県立学校の子ども1人の感染を発表した。
 県は特に富士見市、ふじみ野市、三芳町で感染経路不明者が増えているとして、対策の徹底を求めた。

関連キーワード

PR情報

埼玉の新着

記事一覧